トレス台壊れた

0

    トレス台が壊れました。スイッチつけても点滅してすぐ消える。

     

    蛍光灯切れたか、と思って新しいのに変えても、変わらず。点滅して消える。

     

     

    もう10年以上使ってるし、さすがに寿命か、お疲れ様。新しく同じのを買うかと思ってびっくり。今、トレス台って、薄型のしかないんですね!薄型と、僕が今使ってる箱型、両方あると思ってた。

     

    というのも、箱型、絶対、需要あると思うんだけど。現に今僕が必要としてる。薄型だと、低くて、使いにくいんだ。

     

    しかし本当にない。薄いのだけ。その分値段は安い。僕の中で、トレス台って2万3万のイメージだったんだけど。B4なら3千円位から、A3でも5千円とかで買える。凄い時代だ。そのうちペンタブとかも1万円とかで買えたりするんじゃないのか。さすがにそれはないか。コピー機がスキャンプリンタ複合で1万円で買えたりとか。さすがにそれは夢物語ですね。僕が学生の頃は、みんなで金出しあってコピー機買うか、しかし10万は軽くするから一人一万二万とかって、それはさすがに、みたいな話をしてたな。ペンタブなんかは10万以上軽くしたなあ。選ばれしプロだけが持つ伝説の機械だった。

     

     

    おっさんの昔話はさておき。で、僕の漫画の超絶作画はトレス台が必須なので、仕方なく薄型のを買ったんですけど、とにかく使いづらい。前傾になって腰に来る。もうこれは慣れとかじゃない。俺には、無理だ。

     

     

    箱型の、ホント、現行では、ないんですね・・・。みんなどうしてるんだろう。しかしみんなはどうでもいい。今、僕が問題だ。

     

     

    箱型のトレス台。どういうのかっていうと。ウチのブログには珍しい写真

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    僕の作業場です。これが愛用トレス台。A3サイズ。フラットなんですが、後ろの底に板をくっつけて角度をつけてる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これが中身で・・・。正直、死ぬほどシンプルです。

     

    正直、自力で直せそうな気はする。点滅して消えるので、コードの問題だけだろう。しかし僕はハンダを使えない。

     

     

    これ、なんか、直せる知識を持ってる剛の者はいるでしょうか。直し方教えてください。このままだと・・・。まあ、困るってだけの話で。薄型のトレス台は買ったので、今はそれを使ってて、そのうち慣れるのかもしれないけど。

     

     



    小学館漫画賞

    0

      ここの日記に何を書いていいか、悪いかの判断が全然つかないのですが、とりあえず、小学館内の事であれば最悪でもなんとでもなるだろう、と思います。

       

       

      先週、小学館漫画賞が発表されました。青年誌部門では、「空母いぶき」と「恋は雨上がりのように」が受賞されました!おめでとうございます!

       

       

      でね。

       

       

      あくまでここだけの話ですが、実は、ウチの響も、最終選考にノミネートされてたんです。

       

      しかもさあ。今思えば根拠が超謎なんだけど、なんか、編集部の方から、響はテッパンですよ!みたいな事言われてたんですよね。何度も。でねー。俺もその気になってさー。

      アシスタントの子と、お祝いに飲み会に行きましょうよみたいな話もされてて。先生こんな機会でもないと外にでないからーとか。で、チーズタッカルビをみんなで食べに行くか、みたいな・・・。

       

      発表当日も、編集部主催の祝賀会みたいなのがあらかじめ用意されてて。行かなかったけど。ねえ。どの面下げて。

       

       

      小学館漫画賞をとった漫画は、発表の次の号の掲載誌で、表紙を飾る、というのが慣例らしいのですが。

       

      次のスペリオール、響、巻頭でもないのに表紙です。何故なら賞とれると思ってたから。ふふ。まあいい恥っさらし。

       

      多分表紙にはバレンタイン云々みたいな文字が入ってると思いますが、ここを見てくれてるあなただけに。本当は、そこには小学館漫画賞受賞って入る筈だったんですよ。ふふふ。

       

       

      しかし僕も調子に乗ってた。なんかとれると思ってた。思い切り冷や水ぶっかけられた。自分で漫画にも描いてたのに。いつから、なにか成し遂げた気になってたのか。調子に乗るのは100万年早い。そもそもこのドヘタな絵で。アマゾンレビューを読み返せ!

       

       

       

      なんかね。天罰というか、当然のことが当然として身に降りかかっただけです。空母いぶき。敵うわけがない。天下のかいじかわぐち。そして恋雨。アニメ放映中でさらに映画も。奇跡のように可愛い絵にキャラ。ねえ。

       

       

      しかしウチのびーひきちゃんも。頑張ります。とりあえず、次のスペリオール、皆さん楽しみに!「小学館漫画賞受賞」と入れたかった表紙のキャッチコピーに、なんて文字が入るのか。

       

       



      明けましておめでとうございます。

      0

        本年もよろしくお願いします。

         

         

        昨今の作家さんは、編集さんからツイッターとかで漫画の宣伝するようにとか、バズる?ようにとかって言われたりする、という話を耳にします。大変ですね・・・。

         

        ただ、本当に、そんな事言われるの?と思うのが、

         

        僕は、ツイッターとかやってないんですが・・・。編集さんからは、柳本さんはやらない方が良いですよ、とよく言われます。まあ自分でもそう思いますけど。

         

         

        何の話かというと、今、ネットで、なんか漫画アシスタントさんの残業代云々みたいな話題を色々目にして。

        もし僕がツイッターとかやってたら、絶対、ろくでもない事言ってただろうな!とは思うし。

         

        SNSはなあ。インスタなんかは逆に、なんでやらないの、とアシの子たちからはよく言われるんですけど。インテリアが、もう・・・。

        常識的な範囲内で、理想の形になりました。これ以上はハコの話になります。結局はハコなんですよね。物件がカッコよかったら、どんだけしょぼいソファもそれっぽく見える。ウチはどうしても狭いからなあ。

         

        そうだ。それより。新年年明け。

         

        まず昨年。旧年は本当にお世話になりました!皆さんのおかげで、奇跡のような年でした。

        そして新年。2018。頑張ります。僕がやることはもう10年変わらない。面白い漫画を描くために頑張ります。

         

        あと、ここのとこ毎年言ってますけど・・・。同人活動をしたい!コミケかティアか!でたいでたい!2次になるとしかしジャンルが。今ハマってるのって何だろう。24か、アメリカンホラーストーリーか・・・。ドラマだ。

        アニメゲームだと、ないな・・・。そもそも見てないし、ゲームは、もう、さすがに僕も年なので。あ、動物タワーバトルというスマホゲーにハマっています。年末アイフォンを機種変して、できるようになった。ぶつもりは駄目だ。全然違った。

         

        どうぶつの森をしたかったんですけどね・・・。スマホのは、なんか、違いました。動物に使役されるゲームになってる。どこからでも家具が作れるとかも訳が分からん。全然スローライフじゃない。何をしてもしなくてもいい世界のはずなのに。すごい目的を持たされてる。

         

        とにかく、2次創作のジャンルが・・・。ああ、昨年唯一見たアニメ。メイドインアビスは面白かった!opedは今でも見返す。音楽が本当に綺麗。

         

        ちなみに最近アナログレコードという趣味を始めて。毎朝聞いてるんですけど、アシスタントの子が来たらすぐ消す。なんか、作家さんちに言ったらレコードでプログレ聞いてるとかって、うわって思われそうで。めんどくせー、カッコいいとか思われたいのか!みたいな。

         

        そう。同人。オリジナルは、商業でできるし・・・。2次でやりたい事。ハルヒをやりたいかっていうと、正直、思い出としてはやりたいけど、創作活動として、今、本気でやりたいかっていうと、特に情熱はない。そりゃそうだろう。

         

         

        あー・・・。ひとつあったわ。ガッツリ百合物描きたい。商業ではやる場所がないしな。

        今年は、百合物同人を描く、を目標に。仕事は、変わらず。僕にできるのはただ面白いものを作る。頑張りますね。

         

         

        本年も、響をよろしくお願いします。

         

         

         



        仕事納め

        0

          仕事納めというわけではありませんが、アシスタントさんが来るのは今日まで。とりあえず年内ひと段落。

           

          簡単に今年を振り返って。

           

          まあ、激動でした。人生で一番色々あった。それこそ、まさか、樋口新葉ちゃんがオリンピック代表漏れするとは。衝撃でした。

           

          アシスタントの子と、一緒に新葉ちゃんを応援してたんです。フィギュア、ミーハーファンなんですけど、女子は最初メド様から入って、ザキトワ、ゴリラ、面白い名前だねーとかいいながら、宮原知子さんの陰をもったキャラに惹かれて、最初、新葉ちゃんは知子のライバルキャラとして敵視してたんですけど。

          しかし、キャラとしての力の強さ。気が付けば新葉さんのことばっかり話してる。単純に今年ショートのジプシーダンスがすごい好きで、フリー007は、なんか、可愛くてカッコ良くて、なにより力を感じる。この子は、他の女子選手にない力を感じる。フィギュア見てる人には伝わると思うんですけど。力は魅力だ。

           

          最初は、新葉ちゃん絶対気が強いから云々とアシの子と茶化してたのですが。最終的に、代表漏れしたときはアシの子は泣いてたもんな。気持ちは分かる。

           

          そしてその後の新葉さんのツイッターでの倍返し発言。カッコよすぎる。これが力だ。あらゆる女子選手をなぎ倒し、屍の上に一人佇んでほしい。その光景が似合う日本女子フィギュア選手は新葉さんだけだ。

           

           

          圧倒的なものに、やはり憧れがある。羽生君が、オリンピックで奇跡の復活劇を見せて金メダルを取って伝説になるかと思うと。ネイサンチェンや宇野君を、ブランク明けで一蹴する羽生君が見たい。

           

           

          宮原知子と、新葉さんの普段の絡みを想像するだけでゾクゾクする。フィギュア好きならこの感覚分かるでしょうか。

           

           

           

           

          そう。今年。僕もいろいろありました。やってる事はここ10年変わらないんですけど。面白い漫画を描くっていう。

          なんか、今年、急にすごい褒められた。

           

          でも、まだまだです。来年はもっと頑張ります。新葉さんも、倍返しと言ってる。TTTは樋口新葉を応援します。

           

          なんか、ちゆ12歳みたい。

           

           

           



          お知らせ!

          0

            こんにちは。柳本です。世の中はすっかり冬ですね。12月。師走。お知らせです。

             

             

            まずは今月末あたりに、響新刊でます!こう書くとコミケの宣伝みたいだな。遠くまで来たものだ。

            違いますね。商業誌です。響8巻でます!四の五の言いません。買ってください。僕にできるのは頭を下げるだけ。面白いですよ。

             

             

            そして!

            今日、発表になりましたね!そう!

            響ちゃん、映画になります!実写!

             

            実は少し前から知っていました。映画になるんですよ!映画!来年秋ですって!すごい!これは絶対見るしかないですね!

             

            実は、もう少し情報握ってるんですけど。言っちゃダメ言ったら殺すと言われてるので、何も言いません。

             

            ↑こういうのも言わない方がいいのかな。さすがに言っておきますけど、殺すとか言われてないけど。

            ちょっとしたギャグをわざわざ訂正するなら言わなきゃいいのに。

            言葉は今まで以上に気を付けないと。炎上する!なにせ映画化だから!

             

             

            そして!

             

            みました?今週のジャンプ!びっっくりするよ!巻末の目次コメント!

            尾田っち、ではなく、尾田先生が!響を名指しで褒めてくれてる!まじで。びっくりした!あそこって漫画紹介コーナーでもないのに!

            ワンピースの人が、現漫画界最高位が、キングオブキングスが、頂点が、現人神が、響を褒めてくれてる。本当に。

            さすがにうっかり変なことは書けない。ただ嬉しい!

             

             

             

            そして!

             

            今日、小学館の謝恩会という名の忘年会でした!今年はすごかった!レジェンドにいっぱいあった!あの方はお名前だしたらアレかな・・・じゃあ、あの方なら!

            藤子不二雄A先生にお会いした・・・!なんかもう、これは文字通り神様なので。握手して、お話して、軽くですけど、で、ふと振り返るとA先生への挨拶列ができてて、最後に握手して、まだ若いね、これからだね、って言ってもらって。緊張しすぎてマガミチオとか思い出しもしなかった。あとで、あーせめてまんが道の話をしておけばって思った。

             

            そして、ついに、書いていいか知らないけど。

            ついに、石塚っちにお会いした!ブルージャイアントの!

            いやもう、想像以上だよ!逆に想像通りだった!近くにいらしたので、いっちゃえって行って、そしたら向こうも僕の事知ってて!

            あ、そう、話が前後しますけど、今発売のダヴィンチに僕が描いた漫画お薦め漫画が2p載ってます。そこでブルジャをがっつりお薦めしてて。

            それを知ってくださってて!もう、凄いよあの人。あってすぐハグだから。おーありがとーって言って。テンション上がってた俺よりテンション高かった。

            色々話して、あ、隣に、相澤いくえさんでお馴染みのきりんさんがいた。担当さん。きりんさんですよね!って言ったら、全身を使って苦笑いしてた。100万回言われてるんだろう。

            石塚さんは、まあ、気さくを超えて面白かったな・・・。俺たちマンガ大賞仲間だもんな!とも言ってた。テンションが誰よりも高いウチのアシの子よりも高かった。

             

            ブルージャイアントがいかに面白いかをもっとちゃんと説明したかった。ダヴィンチの漫画でも描いたんですけど、10巻ラスト、大と玉田が握手して別れるシーン、「俺たち最高だったな」「おう」ここが、大好きなんです。

            誰かと何かを一緒にやってて、それが終わって、最後、こう言って別れられる事なんかないですよ。それを互いに共通認識できてるって。カッコいい・・・。

            あと、シュプリーム!1巻の、大が、「オレは間違っていない」「仙台、東京、ドイツ…」「オレは一日だって、間違ってないぞ」

            ここ、大好きなんです。カッコいい!こうやって生きたい!このカッコよさを、石塚さんに伝えたかった!俺は誰よりも分かるよ!

             

             

            そう、で、最後、帰り際・・・呼び止められた相手が、武論尊先生で。響面白いよって。もう訳が分からない。武論尊、先生、っていったら、もう逆に先生とかつけるのがおこがましいというか。知り合い気取りかよ、みたいな。雲の上だろう。むしろ呼び捨てじゃないと失礼くらいの。

            子供の頃、北斗の拳を見てて親に怒られた、なんて僕の世代ではみんな残らず経験してることでしょう。その、ほっけん(僕の周りはこう略してた)の、武論尊先生が、響、面白いのはいいけど、俺を超えるんじゃねえぞ、って言って下さって。泣くよね。

             

             

            今回はレジェンドに軒並み会い過ぎた。他にもスペの作家先生にお会いしましたけど、うっかり失礼なことを書いてしまいそうなので・・・。あの方あの方あの方にお会いしました。

             

             

             

             

            ここからは、5年以上前からここを見てくれてる人向け。つまりTTTのミハルとして見てくれてる人向け。10人いるかな。

             

             

            僕も、遠くに来たね。どう?確かに僕は、昔っから、今よりもっと上しか見てなかったけどさ。でも、同人の頃。たかがTTTがまさか。考えてみてよ。あのミハルが、武論尊(あえて敬称略)から褒められてんだよ。A先生とお話ししてんだよ。石塚っちから、今度飲みに行こうよって社交辞令されてんだよ。行きたいですってしつこく言ったけど。

             

            武論尊(あえて敬称略)が褒めるって凄いよね。文字面がやばい。日本語としておかしい。

             

            A先生とかさ・・・。あと、名前は出さないけど、実家で親が買ってた漫画がふたつで、一つが山口六平太、で、もう一つである、あの漫画の、ヒット連発のあの先生とご挨拶して。あれ大好きですあれ大好きですって言って、今連載のあれは?って聞かれて、それ読んでなかったので、えってなって、知らねーのかよっていじられて・・・。

             

             

            話を戻す。TTTだよ。俺は。この日記も、サイトも、いまだにTTTって書いてるでしょう。それが・・・。

            調子にのってるなーって思ってください。乗ってるよ!今日だけは乗らせてくれ!だってさ!漫画界の歴史とお話ししてんだよ!

             

            あ、ちなみに、今日お会いしたレジェンドさんの共通点があった。これは僕が前から提唱してる説。面白い漫画を描く人は、おしゃべりです。皆さんすごい饒舌でした。

             

            漫画って、会話を書くので。自身が普段から喋ってないと、会話って書けないと思うんです。俺がこのキャラならこう喋る、って引き出しいっぱいもってないと。例外も勿論あるでしょうけど。しかし石塚っちのテンションは凄かった。

             

             

            はー・・・。しかし、あのTTTが。本当に、遠くまで来ましたね。映画になるんだよ。

             

             

            まだまだ、まだまだ、誰にも及ばない。もっと頑張るよ。いつかあなたが、俺、あいつが同人やってた頃から知ってるよって自慢できるようになりますね。

             

             

             



            PR
            calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            selected entries
            archives
            recommend
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座