落ち着いた

0

    あ。いつもの。

     

    ご飯インスタやってます。毎日のご飯を載せています。

    漫画家さんとかで、見てる人はいるでしょうか。超自慢です。本当に本当に、どこの職場より恵まれている。

     

     

    色々と、ひと段落しました。とはいえ今までもこれからも、漫画を楽しく描くだけなんですけど。

     

     

    はー。

     

    自分の状況とかを、極力考えない様にはしているんですけど。ちょっと気を抜くと、すぐ調子に乗る。まるで成功者の様に。

     

    自分としては、まだ、自分が漫画家だという事に、仕方ないから自称はしますが、しかしまだ抵抗がある。昔憧れていた漫画家に、まだまだ自分が足元程も届いていない。

    でも、映画とかになって、漫画で飯を食うのがすごく大変な世界で、こう、上手くいってるから、俺は成功者だ、と、気を抜くと思ってしまう。よくない。あの頃憧れた漫画ほどの面白さが、今描けているのかと。小一時間問い詰めたい。

     

     

    しかし。あの頃。大学の漫研で、1年みんなで同人誌のコピー誌をそれぞれで作って、売れた奴は30部作って完売、売れなかった奴は5部10部、そんな中、ただ一人一部も売れなかったゴミクズが、そいつが描いてる漫画が、小学館の漫画雑誌に連載され、賞を頂き、映画になってる。

     

    そりゃ酔うよ。成し遂げたって思ってしまう。良くない。

     

     

     

    響は・・・。高校3年間で終わります。あとどれくらい続くかは分かりませんが、今響ちゃんは3年生。早かれ遅かれ終わります。

     

    次回作は決めています。色々迷ったけど。公安モノとかも考えたんですけど。100パー24(トゥエンティーフォー)の影響ですが。まあ、違うやつで。

     

    しかしその間に、書きたい短期集中もある。全2巻という事だけ決まってる、推理ミステリー漫画。描きたいんですけど・・・。超面白いんですよ。

     

    同人誌も。いつになったら作れるのか。最近ハルヒを見返して。1期は、本当に、面白い・・・。

     

    しかし自作同人も作りたい。キャラ対談というか。日菜子さん、遥、響の3者対談漫画。遥は頭にわっかがついてる。

     

     

     



    昔話

    0

      若い子の話を聞いてると、そもそも面白い漫画を描くっていう発想が僕と根っこから違うって感じることがあって。今酔ってるので、書きなぐる。

       

      基本、みんな、絵が超うまいんですよね。美術の成績って5以外あるの?って子ばっか。

      全力で3派の僕からしたら、そもそも絵が上手い子、絵心のある子と発想から違うんだよね。

       

      描きたい事を描くとか常套句みたいによく言うけど。僕は、これを、特に何も考えず、まあそうだよねと思ってたんだけど。根っこから違う事に最近気づいた。

       

      僕も描きたい事を描いてるつもりでいたけど、より正確にいうと、僕は、見せたい事を描いてる。

      「描きたい事を描く」と、「見せたい事を描く」、この二つに、大きな違いがある事に、2,3日前に気づいた。

       

      僕は、見せたいシーンがぱっと思いついて、これを見せたいって思って漫画を描いてる。

       

      読み切りでいえば、地味な30才女教師が、卒業式の日に、卒業するワルな生徒にぐちぐち言ってるところに、その生徒が、おめーは黙って俺についてくりゃいいんだよ!ってタンカ切って、それを聞いて、満面の笑みを見せるってシーンが描きたい。三十路女教師の、最強に可愛いところを見せたいっていうのがあって。

       

       

      でも、絵が上手い子って、ただ屋上で告白されるシーンを描きたい、だけだったりする。卒業式の日に、桜の散る中、告白シーンを・・・みたいな。描きたい絵を描くっていう。

       

       

      根っこでいうと、僕は別に描きたい絵はない。あるのは、見せたいシーン。でも、絵が上手い子は絵でものを考える。っぽい。

       

       

      絵が上手い子ほど、イベントでみると弱い。なにせ絵で見せられちゃうから。

       

      僕は、漫画っていうのは、自己主張を押し付けるものだというのがあると思ってる節がある。どうやら。別に特に普段そんな事を意識してる訳じゃないけど。

       

      世の中の奴らはこの素晴らしさを分かってないから、教えてやる!みたいな。極端に言うと。

       

      そこがないと、表現の世界で飯を食うのは難しいんじゃないかな。

       

       

      世の中が間違ってて、自分一人が正しい、仕方ないから世の中の分かってない奴らに正解を教えてやるか、みたいな。

       

       

      書けば書くほど、僕はどの立場から物を喋ってるんだろう。まあでも、これは物つくりの一つの見方ではあると思います。多分ね。分かんないけど。全然違うか。かもしれないね。

       

       


       

      もののついでに。新人の子に。描きたい事と見せたい事の違いってなんだよ!に関する回答を二つ。

       

       

      まず、読んだ人のリアクションを想定する。

      これを読んだ人は、こうなるだろうなって思い、それをワクワクしながら描く。思い通りになれば成功だし、ならなかったら失敗。

      描きたいものを描くって発想だと、成功も失敗も自分次第なんですよね。それは良くない。僕らはあくまでエンターテイメントの人間なので。成功は読者に委ねなきゃいけない。

       

      その昔。僕がハルヒのパロディ漫画をネットでアップしていた時。正直、漫画を描いていて一番嬉しかった瞬間がありました。

      ハルヒが、キョンとクリスマスプレゼントを交換するって漫画で。ハルヒが、手編みのマフラーを用意して、当日、渡したら、キョンがプレゼント交換の約束忘れてて、悪い悪いって言ってプレゼントの代わりにマフラー代としてお金を出すって漫画。そしてハルヒが、うつむきながら一言、「ひどい・・・」って言う。

      これは本当に、すごくワクワクしながら描いたんです。読んだ人は、もう、ハルヒかわいそうのマックスになるだろうなって。

      結果、公開1週間で、ウェブ拍手に1000通のコメントが。キョン酷い、ハルヒ可哀そう、が、3割。残り7割が、僕への誹謗中傷。

      これが本当に嬉しかった。ここまで人の心に届いたんだっていう。

       

      みたいに、読んだ人のリアクションを想定して、ワクワクしながら描く。

       

       

      そしてもう一つ。もっと具体的に。

      描きたいシーン、絵を思いついたとき、そこに、セリフを足してみましょう。

      セリフを一言つけるだけで、情報量が一気に増す。キャラクター性、関係性、時期、色々。セリフが思いつかないなら、そのシーンはその程度のシーンです。捨てましょう。

       

       

      ここを読んでる新人漫画家とかいるのかな。一人でもいるのなら幸いです。

       

       

      あ、ご飯インスタやってます。

       

       



      どうでもいい事を書くぞ!

      0

        インスタやってますね!毎日のご飯をアップしています!

         

         

        映画、ついに公開!祭が始まった!みんな見てね!

         

         

        ネットを徘徊してて、色々なところで響を見かけるようになった。普段から普通に見てるまとめサイト系とかで、響がどうこうみたいな話題が急にでてきてびくっとする。すげえ!大体悪口ですけど・・・。でも嬉しい!ありがとうございます!

         

        わたモテの最新話(142話)とかで、響の名前がでてきたり・・・。しかしルビが間違えていた!あゆくいじゃなくてあくいです!単行本では直してほしいけど・・・しかし人様の漫画なので、何も言えない・・・。ただ、嬉しい!伏字とかいらないけど、伏字がないとメタネタだって分からないから、逆に必要なのかな。

         

        あ、あと、全然関係ないけど。

         

        僕の大好きな矢寺さんが面白い事に。この方のツイッター漫画大好きなんです。よく分からないけど、漫画があんまり売れないなら、こういう日常系漫画で商売すればいいのに。僕は買う。

         

         

         

        そうだ。最近笑った事。

         

        アシスタントの子がね・・・。ウチの今の一番の古参の、ここでも話題に出す子が。

         

        なんか、大好きなとあるイベントのチケットが取れなかったと言って。何度聞いてもよくシステムは分からないけど、先行予約的なので外れて、最後の望みの一般販売的なのでもつながらなくて。

        すごい凹んでて、まあでも大人気って自分でずっと言ってたし、僕もしかたないねーとか言ってたんですけど。

         

        ふと見ると、泣いてて。チケット取れなくて泣いてた。それみて僕は大爆笑。

        だって、職場で、アイドルだかのチケットが取れないって泣きだすって!本当に、本当に申し訳ないけど、本人にも謝ったけど、すっごい面白かった!

        仕方ないから、パソコンでそのアイドルの動画見ていいよって言って。それ見たら更に泣くかなとわくわくしてたんですけど。案の定号泣して。申し訳ない。爆笑しました。

         

         

         



        色々!

        0

          インスタやっています。

           

          基本、毎日の晩御飯を自慢するためのインスタです。

          初めてからもうすぐひと月。フォロアーの人はあんまりいないのですが、ここのブログのアクセス数がインスタ初めてから3倍4倍になっていて。ブログから、インスタ見られているようだ・・・。ありがとうございます。

           

           

          とりあえず!つれづれに!

           

          映画、もうすぐですね!平手さんをテレビで見たり、CMが流れたり。多分今が一番響が盛り上がる時代なのだろう。ついに祭りの当日の感じだ。いやだ・・・。終わるのか・・・。

           

          ラジオに出たりしました。インタビューや、アンケートに答えたり。ああ!そうだ!

           

          以前ここでも書いた、タダで漫画を5ページ書かせていただいたお仕事。タダだから、お仕事かどうかも分かりませんけど。響の宣伝漫画。

          ヤフーでの、宣伝サイト用漫画なんです。

          こちらです!

           

          せっかく書いたので、みてほしい。なんとかしたら見えると思います。

           

           

          そういえば。アシスタントさんが、1人、卒業することになりました。ウェブ漫画の連載をいただいて。

          代わりの方を探しているのですが。なかなか・・・。

           

           

          髪を切りました。近くのお店に行って。で、切ってもらいながら、お仕事はーみたいなお話をされて。漫画を描いてます、もうすぐ映画公開なんですよ、えーすごい!漫画読んでみますね、と言われて・・・。

          恐怖!前回の悪夢が蘇る。伝説の、「漫画村で読みました」が。次行って、それ系の事言われたらどうしよう。また自分的出禁美容院が発生する・・・。もう読まなくていいから・・・。

           

           

           

          漫画の話をしますか?それこそ・・・。

           

           

          いや。駄目でした。とても書けない。だって文句ばっか言ってるから。僕と、アシスタントの子は、本当に口が悪い。

           

          口が悪い、という話を、他の編集さんと飲みながらして、やっぱ相手も、えー、どんな話してるんですかーみたいに、へらへら笑いながら聞いてきて。

          で、アシさんとこれこれこういう話をしましたね、っていうと、相手が真顔になって、「いやそれ、口悪すぎませんか・・・」ってドン引きする、って事が何度かあった。とてもブログには書けない。

           

           

          ああ。こういう事を書くとますます新しいアシスタントさんが来づらくなる。普段はテレビを見ながらきゃっきゃと漫画を描く、会話の絶えない職場です。最近は、金田一少年のアニメを見返して。やっぱ、すっごく良くできてる。悲恋湖殺人事件とか、内容全部知ってるのに、泣けた・・・。

           

           

           

          そうだ!!!

          一番大事な話を!!

           

          僕の、響の前の作品である。短編集「きっと可愛い〜」と、短期集中連載「女の子が死ぬ話」の2作品、こちらは、双葉社様から発行されていたのですが、大人の話し合いの結果、改めて、電子書籍版のみ、小学館から配信されました!!

           

           

          きっと可愛い女の子だから

           

          女の子が死ぬ話

           

           

          伝説の名作ですね。いやでも。本当に・・・。

           

          せっかくなので、裏話でも。

           

          「きっと可愛い〜」は、当時ビッグガンガンという雑誌で掲載された読み切り漫画なのですが。

          これは、ウチのアシの子達に伝説とまで言われてる逸話。

           

          新人の読み切りというのは、基本、編集部内のネームコンペで、掲載か没かが決まるのです。

          この、きっと可愛い、に収録されているいくつかも、ビッグガンガンのコンペに出されたネームです。当時の担当さん曰く、大体毎回10数作がコンペに出されて、載るのはひとつふたつ、だそうで。大体確立10%ですね。

          で、10パーあるならまず通るだろ、って事でネームをコンペに出して、その通り、全てコンペに通りました。落ちた事はない。

           

          最終的に、2作同時にコンペに出して、3作通りました。つまり、2作とも掲載する、で、だったら3号連続掲載にしたいから、もう一つ描いてくれ、っていう。伝説です。

           

           

          そして、「女の子が死ぬ話」。こちらは、ビッグガンガンで読み切りが好評だったので、次に短期集中で連載をやろうと思っていたのですが、単行本一冊で終わるような漫画はいらないと言われ。で、双葉社に拾われた漫画です。

           

          こちらは、語る事はない。読んでください。あなたがなにかしら思ってくれたなら、嬉しいです。

           

           

           



          単行本発売

          0

            あ、とりあえず、インスタやってます。毎日の晩御飯とか猫とかアップしています。

             

             

            で!響単行本10巻がでました。二桁ですね。実は10巻まででる漫画って少ないのではないでしょうか。皆様のおかげです。面白いので買ってくださいね。

             

            ちなみにね。僕、フィンランド大好きです。リカの部屋に、フィンランドの生んだ人類史上最高のガラス作家トイッカのキーックリがあります。多分漫画史上初のトイッカバードではないでしょうか。

             

             

            映画、試写会に行ってきました。豪華でした。すごいなー。映画、アシスタントの子達、編集部の皆さん、とにかく、面白いと。

            不思議な映画で。面白い以外言えないんですよね。なにせジャンル分けができない。かといって奇をてらってる訳ではない。ただ、面白い映画です。

            詳しくは、次にでも。ただ、なにせ面白いんですよ。響が次になにをするかずっとワクワクできる。

             

            月川監督、平手さんにも、映画の後お会いしました。アシスタントの子達も連れて行って。すごいキャーキャー言ってた。

             

             

            ちょっと今バタついてて。椅子がね。壊れて。せっかくなので、ついに念願のアーロンチェアに買い替えたところ、全然合わない。前のが良かった!で、今、うんうん唸っています。

             

             

            響本編、ついに響が・・・あ、ネタバレになるのかな。やめておこう。

             

             

            映画、いや、ホント。すごいね・・・。面白いです。これは絶対。ちょっと、今は、椅子が合わないので。次にちゃんと色々書くね。

             

             



            PR
            calendar
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>
            selected entries
            archives
            recommend
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座