<< マンガ大賞2018 | main | 映画 >>

ひとりごと

0

    実はフィギュアスケートが好きです。ミーハーファンですが。

     

     

    そして、僕とアシスタントの子、二人して樋口新葉さんの大ファンです。

     

    全日本で、オリンピックは新葉か、カオリか、の時は、二人して、新葉コールを送ったのですが。

     

     

    そして今日の世界選手権!僕は正直、ショートの段階で、新葉を諦めたんです。やっぱり女子フィギュアの選手寿命の短さ。新葉も、オリンピックを逃して、メンタル的にも肉体的にも選手としてのピークを過ぎたのか、と・・・。

     

     

    俺は何もわかってなかった。本当に。新葉の底力を。元々、僕とアシスタントの子、二人して、最初は知子さんが好きだったんですよね。日本女子のエースって事で。新葉は、そのライバルキャラとして見てたんですけど。

    しかし見てるうちに、新葉のこの・・・精神力の強さみたいなものに惹かれて。私が、誰よりも、強く。そういう強さを感じたんです。新葉をなめてた。何もわかってなかった。

     

    今日の新葉のフリー。アシの子とみて、もう、誇張なく泣きました。あのスカイフォール。最高過ぎる。僕の中でフィギュアの最高演技、羽生君のセイメイ、プリンス、メド様のありえないほど〜が最高傑作だったんですが、今日の新葉のスカイフォールは、並んだ。素晴らしい。

     

    今年、NHK杯でもし新葉がでるなら、絶対チケットとろうと心に決めました。旗作って、演技後に何かを投げたい。

     

     

     

    マンガ大賞、あらためて。僕が頂いてから1年経ったんですね。

     

     

    頂いてから、テレビの取材、ラジオ出演、雑誌、ウェブ。色々とやりました。板垣先生もこれからそういう色々で忙しいでしょう。しかしビースターズは響より最初から人気作なので、まあ、慣れたものかもしれません。

     

     

     

     

    響は・・・

     

    マンガ大賞をいただくまで、アンケートは良くて、1位もとる、社内人気も高い、他社の編集さんも響を読んで、僕へお声がけいただく。評判が良い。ただ、単行本が売れない。そういう典型的な作品だったんですが。

     

    マンガ大賞で、ガラリと風向きが変わって。単行本もいっぱい刷ってもらえて。本当に・・・。

     

     

    本当に、足向けて寝れないです。誰に?

     

     

    漫画を描くのが漫画家の仕事ではなく。僕らは読者に喜んでもらうために漫画を描くのが仕事なので。

     

    面白い漫画を描くのが、僕の仕事です。これは生涯僕の何か、指針っていうか。頑張ります。

     

     



    スポンサーサイト

    0

      • 2018.06.16 Saturday
      • -
      • 04:22
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      PR
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << June 2018 >>
      selected entries
      archives
      recommend
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座