サンデー発売

0

    こんにちは。柳本です。

     

    現在発売のサンデーで、龍と苺、あ、もちろん載ってます。で、苺ちゃんが、アマ竜王戦決勝まで行きました。

    神奈川では上位2名が全国大会にいけるので、晴れて苺ちゃんは全国に行けます。あっ、でも、まだ行くかどうかは…。ネタバレはね。まだ、先の事は全然分からないですよ。急にふてくされて将棋を止めて野球を始めるかもしれないし。中学生女子初の甲子園出場とかするかもしれないし。

     

    まあ、分かりませんけど、アマ竜王戦の全国大会を取材したかったんですけど、コロナで、今年は中止なんですよね。残念ですね。

     

     

    なので、もし仮に、この先全国大会があっても、取材できなかったから、「実際と違う!」ってなっても…

     

     

    書きながら思ったけど、その、実際、を知ってるのって、全国大会にでた40人くらいと、将棋連盟の人、あわせても全国で100人くらいか…。

     

    だったら逆に、どんな嘘を描いてもいいのか。予選では囲碁をするとか。名前に竜が付く人は2回攻撃可能とか。

     

     

    先日、「龍と苺」から入ってくれてる若いアシの子が、ふと、

     

    「将棋のモチゴマって、どこに置いてもいいんですよね…」

    と言ってきた。

     

    「うん」

    「じゃあ、いきなり相手の王の前に置いたら、絶対勝てるじゃないですか」

    「…いやでも次が相手の番だから、その駒とられて終わりだよ」

    「……?」

    「ええと、将棋は一回一回交代だから、王の前に駒を置いたら、次は相手の番になるんで、その駒、王が取れちゃうんだよ」

    「あ、そっか」

     

    って言ってた。

     

     

     

    今日、ウチの一番長く来てくれてるお馴染みギャルのアシの子が、ふと、

     

    「角って前に動くんでしたっけ?」

     

    って言ってた。

     

    ちなみにこの子は、将棋の駒をほぼ全部描いてくれてる。

     

    本当に、女の子というのは、将棋を覚えられないんだな…。いや、この子が特別なのかもしれない。

     

     

     

    竜と苺、最初は響と一緒じゃねーかという声も多かったんですけど、なんとか差別化というか、違うキャラとして成長してくれた、ように思います。ちょっと前に、タッキーのラブコメ回を描きました。これが、編集、アシの子達からえらく好評で…。サンデーに載るのはもう少し先ですね。まあ、忘れて下さい。

     

    週刊ペース、まだまだ慣れません。さすがにそろそろ描きためが尽きそう。今、一本描くのに8日かかってる。あと一日が大きい…!

     

     



    どうでもいい話でも

    0

      今日、テレビで、アガサクリスティのオリエント急行の映画やってて。

       

      今日はアシの子が若い子、22歳だっけか。の、子が二人。じゃあこれ見るかってなって。

       

       

      オリエント急行は小説読んでたので、これ、ラストがすごい良いんだよー、アガサクリスティは読んだことある?って聞いたら、1人が、

       

      「初めて聞いた名前なんですけど、有名なんですか?」

      と。

       

      えっ?ってなってたら、さすがにもう一人が、自分は知ってますよ、と。

       

      「ただ、お・も・て・な・し、の人と被るんですよねー」

      と…

       

      滝川クリステル……!

       

       

      アガサ・クリスティ…!

       

       

      若い子は、本当に柔軟な発想をする。

       

       



      雑記

      0

        本当に、本当に!齢を取ったなと思わざるを得ないんですけど。

        若いアシの子とかに、昔話をするのが楽しすぎる。齢を取ったな。

         

         

        何度も何度もここでは書いてると思うけど、僕は18で上京して大学で漫研に入って、同人誌を作って、一冊も売れなくて、それが2年3年続いて、みたいな話が、楽しすぎる。アシの子達に言うたび、マジすかって大げさに驚いてくれる。

         

        いやーそうなんだよーっつって。漫研同期の、10人くらいみんな個人でコピー誌作ってさ、一冊も売れなかったの、俺だけだったんだよーって。その後もずっと、1冊も売れなかったんだからーって。えええーって言ってくれる。

        まあでも、その数年後、コミケで壁サーになったんだけどねって言って、えええええー!って言ってくれる。楽しい…!

         

         

        思えば不思議な道程です。落ちこぼれを超えてる、本当に、よくツイッターとかで、初同人誌が5冊10冊とかしか売れなかった、とかみるけど。ふふ!こっちは!0冊だからね!あの感じ!同期が気を使って金出して買おうとしてくれる、あの感じ!これを体験しないではねえ!今となっては、これがコミケの醍醐味ですよ。

         

        徹夜徹夜で原稿作って、友達巻き込んでコピー誌作って、結果一冊も売れない!あの感じをね!体験しないとね!売り子をしてくれてる友達が、気を使って、サクラの客をしてくれて、それにブチ切れるっていうね!いやあ。これが青春だよなー。

         

         

        それが数年後、コミケで壁サー、今や週刊少年誌で連載なんだからね、って言って、若いアシの子が、尊敬の目で見てくれる。

        楽しい…!

         

        とにかく、昔話をやたらしたがる。年取ったな―ホント。ヤダヤダ。でもねえ。あのTTTがまさかっていう。

         

         

        若い子に説教しだしたら終わってるとも思うんだけど。でもアシの子にこの手の話をしてよく言われるのが、

         

        「同人誌一冊も売れずに、よく次作る気になりましたね」

         

        って。自分だったら、ショックでもう漫画とか描けないっすと。ああ、そういう考え方があるんだ・・・。

         

         

        僕は、昔々、売れなかった時は毎回、「今のナシ!」って思ってたんですよね。

         

        今回のは、ミスった!本当の俺は最強なのに、今回だけとんでもない失敗をした!ヤバイ!これが自分の本気だと、世の人に勘違いされたらたまらない!次!次が本気!

         

        って。

         

        今思うと、メンタル最強ですね。

         

         

        ちなみにその手の話をして思い出したのが、前作の響も最初単行本売れなくて、これ早々に打ち切りかなーって感じになった時、すぐ次の作品のプロット作ったんですよね。

        で、編集長とお食事の機会がちょうどあったんで、そこで次回作のプロットみせたら、すごいドン引かれて、いえ、響は絶対売れますから、って話をされたな・・・。

         

        その時作ったプロットが、今作の将棋の話。結果そのまま使ってます。

         

         

         

        とかね・・・。昔話、楽しい。同人イベントでさ、コミケだサンクリだで、隣のサークルがバカ売れしてるなか、閑散とした自分のスペースに座りながら、今に見てろって思ってたあの頃。他のサークルを周りながら、今に見てろと思ってたあの頃・・・。

         

        ああ!昔話の楽しい事!

         

         



        単行本絶賛発売中

        0

          「龍と苺」1巻、全国書店、ネットにて大絶賛発売中です。よろしくお願いします。

           

          しかし、まあ、あれですね。

           

           

          響の時からなんですけど・・・

           

           

          相変わらずの、賛否両論・・・。

           

           

           

          よくツイッターとかで、どうみても偏ったタイプのイラストとかをアップして、「可愛く描けました(ハート)」とか言って、どこがだよーとかツッコミいれられて、「あれれー?自分的には超可愛いのにー???ぷっぷくぷー(ハート)」みたいにすっとぼける、よく見かけるうすら寒いアレ・・・。

           

          みたいに思われるのか・・・。自分的には、今回こそは、万人から好かれる主人公を目指し・・・。いえ・・・。

           

           

          正直な話、賛否別れる漫画を描いてる気は全くないんです。万人から好かれる、ドラゴンボールのような、こち亀の様な、そういうものを目指しているんですけど。

          読みやすく、伝わりやすく。

          ああ!これも、なんかスカして、あれれーみたいに言ってるように思われるのか!マジぷっぷくぷーだわ。

           

           

          とにかく!嫌いと言われる人に対しては、謝罪しかないです!ただただ僕の実力不足!嫌いなものは目に入れないでしょうけれど!いつか!何かの機会にでもまた「龍と苺」を目に入れられた時!好き!ってなるよう!思っていただけるよう!頑張ります!

           

          とはいえ。現時点で、好きって言って下さってる皆さん!ありがとうございます!引き続き変わらぬご愛顧を!こちらも変わらず頑張ります!

           

           

          なんか、森にひっそり生きる巨人の気分。「オデ・・・ニンゲン・・・キライ・・・デモ、オマエ、スキ・・・」みたいな。

           

           

           



          単行本発売

          0

            今日、「龍と苺」の単行本が発売されますね。1巻。また一から。響、13巻までいったんですけど、また一から。

             

            一から、少年誌で・・・。すごいなー。よく週刊連載の作家さんが、毎日毎週描き続けてたら、気が付いたら40巻みたいな事を言いますけど。いつか、気が付く日がくるのか・・・。えっ!もう!?みたいな・・・。

             

            1巻かー。5巻10巻も気が遠くなるほど先の話ですけど。いつかくるのか。

             

             

             

            特に、こんな事最近あったんだよ!みたいな言う事なく。まあ。毎日漫画描いてるばっかで。

             

            コロナで、コミケもコミティアも中止で・・・。大丈夫だろうか。両方絶対なくなってほしくない。

             

             

            最近の事。箇条書きで。

             

             

            ・ここ、作業してる部屋の上の照明を変えようとこの2,3週間ずっと調べてて!昨日問い合わせて、明日、多分、何かしら、在庫があるかどうかみたいな連絡が来る。どうでもいいね!

             

            ・ルームランナーを導入!これがネームを考えるのにちょうど良い!置き場所がないから寝室に置いてる!風水的には絶対悪そう!

             

            ・にゃー(猫)がさすがに最近元気がないような気がする!もう10歳こえてるしな・・・。今の連載中は生きててほしい!

             

            ・そういえばあまりに増えすぎたイッタラバード(置き物)を処分というか、リサイクルショップに引き取ってもらった!手持ちの半分くらいか。そこそこのお金になったけど、って事は、計算するのが怖いからしないけど、買った時はもーっとのお金使ったんだよな・・・!怖い!

             

            ・クイズ番組が多い事!虹という漢字には虫という字が使われてるけど、どうしてでしょう、みたいなクイズをテレビでやってて、アシの子達と、なんだろうねーとか言いながら見てて、答え、この虫は昆虫という意味ではなく、水辺という意味でーとかで、なるほどーって言って、その後アシの子が背景できましたーって原稿持ってきて、見ると、コマの端に、虹、虫、工って漢字が走り書きされてた。

             

             

            ・これから来るミュージシャントップ10!みたいなのやってて、アレなんですよね。そもそも、バンドとかが全然いなくて、歌い手とかそういう人で、なにより名前が、苗字もなにもなく、なんか、カタカナ3,4文字とか、あだ名みたいなのとか・・・。

            名前なんだから、ちゃんと苗字と名前を付けなさい!って憤ってたら、若いアシの子達の苦笑いときたら!

             

            ・顔出ししないミュージシャン、本当に多いんですね。別にいいけどさ!でもね。最近、サザンのライブDVD買って!

            終盤、桑田佳祐がスモークの中からハゲづら被って現れて、マンピーのGスポットを歌詞でたらめに歌うあの感じが・・・

            その次勝手にシンドバッドを、ごろごろ歌いながら、バックで花火が死ぬ程あがってるっていう、あの・・・

             

            ・とかは、おっさんのたわごとなのでなにも言わなかった。ヨルシカとYOASOBIって、名前が似てるからごっちゃになっちゃうねーって言った。

             

             

            ・最近、さだまさしの防人の詩をヘビロで聞いてる。そもそも2年前くらい、この歌がテーマソングで使われた二〇三高地って映画を見て、これがもうすごい良くて・・・。それ以降ちょくちょく聞くんですけど。

             

            やっぱり、いいです。今の若い、20才だか21だかのアシの子に聞かせたいけど・・・。でもまず映画を見てもらわないとな・・・。でもなあ。僕ですら、2年前ようやく入った道だからな。

             

            ・そう、若い子達に最近特にいうのが。コロナ、これ、若い子からしたら、こういう事ってまあちょくちょくあるのかなーとかの感じかもしれないけど!僕が生きてきた中で、正直、ここまで生活に直結した異常事態は初めてなんですよね。もちろん大きな事件、災害は色々と世の中でありましたけど、直接かかわる場所にいた事はなく。それが、世界中がこんな・・・。

            多分、10年20年、もしかしたらもっと先、死ぬまで、今、今年の事は語り告げられる事態なんだよ!って言ってる。

             

            ・2020年・・・あの頃はねー。マスクが5000円とかしてねー。外出するなって世界中で言われててねー。

            って。

             

             

             

            「龍と苺」1巻、発売しました。どんな漫画も、最初は1巻からです。漫画の歴史上、2巻10巻始まりの漫画というのはない。全部1巻から。

             

             

            始まりました。頑張ります。

             

             

             



            PR
            calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << October 2020 >>
            selected entries
            archives
            recommend
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座