日記

0

    実はここの日記、2005年から書いています。

    もっと実はを言えば、このブログに来る前はまた別のトコで日記を書いてて。多分98年から、日記を書く癖がついてる。

     

    ここのブログに関しては、あまりに古いのは見れなくしてます。恥ずかしいので。

     

    僕だけは見える。ふと、昔の日記を見返してみて。

     

     

    なんか、すごい、同人誌作ってたんだな。最大で月に3回イベントに出てた。これは極端な時だけど。

    当時の自分は、やりたい事をダラダラしてる、位のつもりしかなかったけど。今見ると、もがいてんなーっていう。

     

    金がなくてコピー誌しかつくれなかったんですよねー。あと、金がなくてイベントに申し込みできなかったとかも書いてる。超ウケる。

     

    ちなみに、2005年の日記。

     

     


    ・9月サンクリ用の準備を今からコツコツ始めてます。過去二回のイベントで色々ご迷惑をおかけしたので、もうさすがに3回目は。
    てゆうか今回出し物が多いんですよね。前回のコピー誌再版、前々回の再版、新刊コピー誌とオフセ(予定)。確定してるのでコピー誌がみっつですよ。で、いつもの通りカイシャで社員の人の目を盗んでコピーするんで時間がかかるかかる。特にカラー表紙。モノクロコピー機はうちの部署の奥にあるんでまだ楽なんですけど、カラーコピー機がうちと隣の部署の境にあるんですごいヒヤヒヤもの。そんで一枚に時間がかかるし。

    ていうかまだイベントの当落も出てないんですけどね。落ちたらどうしよう。

     

     

    会社と書いてますが、バイト先です。某漫画雑誌の編集部でバイトしてまして。まあフラッパーですが。そういえば、思い出した。金がなくて、バイト先のコピー機使ってコピー誌作ってたんだ。さすがに時効だろう。

     

     

    そんな僕ですけど、2週間後には帝国ホテルで小学館漫画賞の授賞式です。

     

     



    どうでもいい話

    0

      久しぶりに、酔いに任せて寝る前に適当にタイピングして、結果駄文が出来上がってる、みたいな日記でも書きましょうか。

       

      基本、ここはそういう場なんですけど。なんだか一応公的な場という感じもできて、書ける事も少なくなって。

       

      うーん。とある、漫画があって。超つまんなくて、本当に、ここまで、絵が最高、設定も王道を踏まえた上で個性を入れて、キャラも個性があって、表情、感情を描けて。

      それで、こんなにつまんない漫画になるんだ、っていうとある漫画の話でもしたいけど。できないですよね・・・。

       

      僕はこの漫画が大嫌いで、この漫画のために掲載雑誌まで毎回買って、そしてアシスタントの子に逐一この漫画の良くないところを解説してるという。

       

      つまり、大好きなんですよ。なんというか、嫌いなのに目が離せない魅力がある。はー。

       

       

      というお話は、できない。僕は一読者で、ここのブログは単なるインターネットの片隅ではありますけど。でも、多分、悪口はあんまり書かない方がいいんだろう。

       

       

      あ、じゃあ良いお話を書こう。

       

      アシスタントの子が、タピオカミルクティーを買ってきてくれて。飲んだら、最初は、へー美味しいね、位だったのが、飲み続ける内、結構量が多いな、半分くらいでちょうどいいかな、で、飲み終わって、ようやく終わった、そしてしばらくして、もっと飲みたい!となり。

      今日、自分で買ってきた。タピオカ美味しい!

       

      漫画・・・

      手放しで、これ最高って言える漫画・・・

      今、毎日寝る前の楽しみに読んでる漫画は、修羅の門ですけど、さすがに今更過ぎるし。

       

      最近買って、これ最高!って漫画・・・えーと。

       

      アニメなら。ジョジョの今やってる5部。こんっなに面白かったっけ!ってくらい面白い!ナランチャが火の海のなかタイマンはるシーン、そしてブチャが、いや、その前に、プロシュート兄貴カッコ良すぎ!そしてその弟とブチャの対決シーン!そしてラスト!アリーヴェなんとかっていうところ!カアッコイイ!

       

      あと。今、アマゾンプライムだかネトフリだかで、エヴァの映画が配信されてて。

      エヴァはテレビアニメのしか見た事なくて。で、アシの子と、序!破!とみて。

      超面白い!え?シンジ君・・・いや、アヤナミが、なんかゲンドウを誘っての料理会みたいなのを企画し始めた時点でよくない予感しかしなくて!そしてなんか、アスカともいい感じになって!分かんないけど、絶対これなにかしらのフリだろ!ってアシの子といいあって!結果!

       

      でね。キューがみたい!けど、なんか、序破は配信されてるのに、キューがない!なんだ!バグか!って。で、アシの子に、蔦屋にキューを借りに行ってもらったら、ないという。多分考える事は一緒という事なのだろう。

       

      なんとなく、アスカは死んではなくて、なんか、眼帯してるのと、なんか、10年後くらいになってて、シンジ君は歳をとってない、っていう事くらいはなんかなんとなく知ってるんですけど。しかしキューがみたい。やはりエヴァは面白い。

       

       

      あと映画・・・。覆面系ノイズの映画が、一周二周して面白かった。寝てる女のマスクの上からキスとかしておきながら、その相手のスタジオをこっそり見学とかしながら、見つかったら、もう俺につきまとうなっていう。アシの子と爆笑した。いやオメーだろ!っていう。

       

       



      小学館漫画賞受賞!

      0

        響が、小学館漫画賞をいただきました。

         

         

        風邪がはやっています。アシスタントの子も、今日来て、しかし来てすぐに倒れて。しばらく休んで帰って頂いて。僕も一昨日までどうやら風邪で頭痛がひどかった。みんな大変だ。お気を付けください・・・

         

         

        それよりも!

         

         

        小学館漫画賞、ノミネートされた人は、慣例として、結果が出る日は担当と一緒に待つ、という慣わしだそうで。

         

        実は、去年もノミネートされていました。ただ、去年結果が出る日が、今だからいいますが、ヤンマガの人と飲むって約束を前からしてて、お店もすでに予約してて。キャンセルもできないので、スペの担当さんと、ヤンマガの編集さん二人と、僕とで、小学館漫画賞の結果を飲み屋で待っていました。

         

        結果、落選。東京に大雪が降る日でした。スペの担当さんはその後のお祝いのお店をすでに予約してて、僕はどの面さげてって思っていかなかったんですが、予約してある手前キャンセルもできなくて、スペの編集部の人みんなで残念会をしたそうです・・・。

         

         

        それから一年後!

         

        今年は、担当さんと二人、地下のお寿司屋さんで結果を待っていたのですが、なんか、地下だから携帯の電波が入らなかったみたいで、小学館で結果を伝える人が担当さんに電話がつながらないって事で、お寿司屋さんに電話したらしく、お寿司屋さんから、お電話ですって子機を渡されるという。超昭和なやり方で、受賞の報を知りました。

         

         

        響が、ついに、小学館漫画賞を頂きました!2冠!今年は堂々とお祝いのお店にも行きました。営業の人とかいっぱい来てて、思ったより大事だった。

         

         

        去年、落選して以来、実は今年一年、小学館漫画賞を取るって目標を掲げていました。とった。すごい。

         

        繰り返しますか?昔、同人誌が一冊も売れなかった漫画界の最下層から始めた、たかがTTTが、まさか。

         

         

        賞とか肩書とか大好きです。嬉しい限り。調子に乗っていいですか。アニメ化もしてほしいなあ。映画で日の目をみなかった、かよちゃんがみたい。かよちゃんのフィギュアがほしい。リカも・・・。

         

         

         

        風邪に負けず。頑張らないといけませんね。映画響も、平手さんが日本アカデミー賞新人賞を頂いたそうで。おめでとうございます。今はもう、僕はただの平手ファンなので。ファンとして嬉しい。そして欅ファンなんですよね。原田さんは、受験が終わったら帰ってくるのでしょうか・・・。アシの子は、もんさん推しだそうです。ダンスがやべーって言ってて。

         

         

        はー。響は、本当に、恵まれた作品ですね。思えばこの漫画がすごい12位だっけ。そこから始まって。マンガ大賞、映画化、そして、小学館漫画賞。

         

         

        嬉しいです。しかしまだまだ。先人にはまだまだとても及びません。これからも、頑張ります。

         

         



        新年

        0

          明けましておめでとうございます。

          本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

           

           

          年明け早々、原稿が最大にやばかったです。なんか最近ヤバい。理由は分かったんですが。ウチの、最ベテランのアシスタントさんの卒業。まあ仕方ない。

           

           

          今年も、響、頑張ります。

           

          年始、久しぶりに故郷徳島に帰っていました。米津玄師でおなじみ徳島。今一番熱い地です。

           

          親戚と会って、衝撃だったのが、親戚の子が、将来、漫画の編集者になりたいという。高校生から編集志望とはまた渋い。それは何故かと問うと。

          本当は漫画家になりたいけど、漫画家とかなるのは難しいので、でも漫画が好きなので、漫画に関わる仕事がしたい、という。

          衝撃ですね。衝撃だよとは言ったけど。

           

           

          僕が高校の頃・・・。僕は、あの頃、誰しもが頭の悪い10代の時期。僕は、自分が、史上最高の漫画の天才だと思ってた。誰でも思うよね。

          で、自分のこの100万年に一人の才能を活かすためには、誰にも頼らず、一人で漫画を描く力をつけるべきだとか思ってた。でも、みんな思うはず。10代なんてねえ。

           

          それが、この子は・・・。衝撃だったなあ。

           

           

          あ。そういや昨日一昨日とかで、なんかプロの漫画家さんとかが初めて同人即売会に参加した時の思い出とか語ってて。30部売れたとか5部しか売れなかったとか。ふふ。

          これを語らせたら、僕の右に出る者はなかなかいない。

           

          僕は初参加、今でもしっかりと覚えてる。池袋サンシャインで。大学一年で、漫研で、1年はみんなコピー誌を作って参加した。

          それぞれでサークル参加してね・・・。僕も頑張って、徹夜してコピー誌作って。

          結果、売れた奴は20部作って完売、売れない奴は2部3部とか。そんな中、ただ一人、一冊も売れなかった僕っていう。

          その後も何度もイベント参加して、1年以上は一冊も売れなかったなあ。

           

          っていう話をアシスタントの子にしたら、よく売れないのに次も参加する気になれましたねって言われて。言われてみれば。

          僕の当時のメンタルとしては、売れないのは僕のせいじゃなくて周りの見る目がないからで、僕が正しくその才能を発揮したら、長蛇の列ができるに決まってる。今のままだと、まるで僕に才能がないと周りに勘違いされる。早くこの誤解を正さないと。

          って思ってた。メンタル鋼だな。

           

          まあ。結果、それから数年後、ね・・・。アレですから。僕の口から言うのもなんですけど。ハルヒかわいいっていうか・・・。コミケで壁っていうか・・・。ハルヒかわいいの最初のは、最終的に、書店売り併せて3万部売れたっていうか・・・。

           

           

          まあ。なので。初参加、一部も売れなかった人!あなたは一番下から這い上がる権利を得た!初っ端から10も20も売れる輩には生涯得られない経験をこれからできるよ!

           

           

          なんか。別に新年早々こんな話するつもりじゃなかったんですけど。なにせイベント初参加話には目がないので。

           

           

          本年も、響をよろしくお願いします。

           

           



          振り返り

          0

            大晦日ですね。さて。今年を振り返り。

             

             

            漫画を描くものとして、すごく恵まれた一年でした。なにせ映画になった。

             

            以前にも書いた気がしますが、僕は、昔漫画家と名乗れるのはいつからだと考えた時。

            一度でも商業誌に乗った時からか、漫画だけで飯が食えるようになったらか、連載始めたらか。

             

             

            僕は、作品がメディアミックスしたら、と、なんとなく思ったんですね。別に他の作家さんもそうあるべしとか全然思わない。ただ、僕に対しては、それが自然な気がして。

             

            今年、響が映画化になり。ようやく、漫画家になれた、かと思えば、やはり未だ漫画家と名乗るのに抵抗がある。まだ、自分の中で、子供の頃憧れた漫画家に届いてないんでしょう。そりゃそうだ。

             

            それにしても、恵まれた一年ではありました。仕事にもお金にも食事にも困らず漫画が描けた。

            そうだ。ウチの職場から、ウェブ連載で卒業したアシスタントさんがいて。

            こちらになります。是非応援よろしくお願いします。

             

            あと、インスタも始めた。しかしアシスタントさんの料理インスタなので、仕事始めまで更新しないかもしれない。

            あるいは、年始に徳島に帰るので、徳島写真でもあげるか。

             

             

            漫画としては、恵まれた一年でした。皆様本年はありがとうございました。

             

             

            さて!来年!

             

             

            まず、響は終わるでしょう。これはだってねえ。

            先の展開は全く決めてないです。なにせ、今描いてるネームの5ページ後も何が起こるか決まってないのに。

            ただ、流れとしては、終わるでしょう。

             

             

            新連載を始めたい。

             

             

            来年も、よろしくお願いします。

             

             

             



            PR
            calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>
            selected entries
            archives
            recommend
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座