祭りの終わり

0

    気が付けば早くも2月が終わりますね。

     

    こんにちは。マンガ大賞にノミネートされた「響〜小説家になる方法〜」の作者の柳本光晴です。

     

    多分大賞とる人は3月には連絡来てると思うので、これが最後の祭りです。

     

    一応、以前の更新で言ってた通り、受賞のスピーチを考えました。

     

     

     

    「この度マンガ大賞を受賞させて頂きました柳本です。

    本当に、いまだに信じられないのですが…

    ええと、まず、なにより、響を面白いと思って下さった方々に、本当に、感謝しています。

    この度はありがとうございました。(パチパチパチ)

     

    それと、ここまで響を一緒に作り上げてきたスペリオール編集部、担当さん、アシスタントのみんな、

    本当に、皆さんのおかげで漫画ができて、こうして、多くの方のご支持を頂けました。

    ありがとうございました(パチパチパチ)

     

     

    …僕は、同人誌出身なので、今までに新人賞とかの、漫画家になるためのきっかけとなる賞を頂いたことがなく…

    それが自分の中でコンプレックスでもあって。いまだに、自身が漫画家という自覚があまりないままに漫画を描いていたのですが

    (会場笑い)

    今回、僕にとって、初めての漫画の賞を頂けたことで、ようやく自分が漫画家なんだと自覚できた気がします。

    これからは胸を張って、漫画家として、面白い作品のためにより一層の努力をしていきたいと思います。

    今日が、漫画家柳本光晴の誕生日だと思います。

    この度はありがとうございました。(パチパチパチパチパチ)」

     

     

     

    どうでしょうか。ちょっと気になってるのが、漫画家の自覚がない奴がスペで漫画描いてたのかよ、ってツッコミがあるんですけどねー・・・。

    あと、ラストの、誕生日とかが寒い。でも感謝を伝えるならこれくらい言った方が。

     

     

     

    こういう遊びもこれがラスト。一か月間楽しかったです。多分僕が一番マンガ大賞を満喫してた。

    マンガ大賞の皆さんありがとうございましたー。

     

     

     



    雑談

    0

      まずは雑談から。

       

      現在発売のスペでのびーひきちゃん、どうですかね。ラストの落ち、分かりましたか。

      担当さんは笑ってくれたのですが、アシの子達はあんまりピンときてなかった気がする。

      新章突入というか。どうなるか全然分からないですが、頑張りますね。

       

       

      さて本題。

      マンガ大賞とったら、多分連絡が3月頭くらいに来ると思うんですね。

      で、それくらいなら、まだ北の方は雪が残ってるから、アシスタントさんとみんなでお祝いスキー旅行に行こう!っていう案と、

      逆に南に行って、桜がもう咲いてるだろうから、花見はどうか、って案とあって。

       

      ただ、僕の極度の出不精を考えるとあんまり遠いのは…。あ、おとぼけアシの子はスウェーデンに行きたいとか言ってたけども。

       

      逆に近場で楽しめる、って事で、よみうりランドでバンジージャンプとか、で、

      そこから発展して、スカイダイビングとか。関東でできるみたいだし。

       

      みんなで銀座で、授賞式用のスーツを仕立てるって案もあるんですけど。

       

       

      それと、すごい事に気付いた。

       

      マンガ大賞は、どうやら毎回、前年度の受賞者の方がプレゼンターとして、今年度の受賞者へ賞状とか渡す係りになるらしい。

       

      という事は。

       

      今年僕が受賞したら、来年、僕が、プレゼンターとして、有名作家さんに、賞状やらをあげることができる。

       

       

      ハッキリ言いますが、僕は漫画家の友達一人もいません。これは同人の頃からで。いや、同人の頃は、ハルヒの頃から少しできたけど、商業に行ったらなんか自然消滅っていうか・・・。

       

      なので、僕にとっては、いまだに漫画家さんてなんか本で名前がでてる人っていうか、実在してるかどうかあやふやな存在というか。

      いや、お会いしたりはしてるんですが。まあ小学館の忘年会のみでの出会いですが。

       

       

      でも、そんな僕が、有名作家さん相手に、与える側に…。

       

       

      そんな話をアシスタントさんにして、「いや先生、普通に漫画家友達作りましょうよ」ってうんざりしながら言われる。

       

      そういうのも、何か楽しいというか。

       

      こういう楽しさを味わえるのもあと半月か。

       

       

       

      おとぼけアシさんに、「まあこんな事言いながら、正直、自分が大賞とれる絵が全然みえないんだけどね」

      といったら、

      「いや、ぶっちゃけ可能性ありますよ!だってこういうのって、大抵、よく分かんない漫画がとったりするじゃないですか!」

      と言ってくれた。

       

      なるほど・・・。

       

       

       

       



      スピーチ

      0

        マンガ大賞は、盛大な授賞式があります。

         

        1位になったら、そこで賞を頂いて、多分スピーチがあります。

         

         

        そこで何を言うかですよね。

         

        普通は、多分夢のようですって言って、編集さん、アシスタントさん、支えて下さった皆さんへの感謝、と述べるべきだと思うんですけど。

         

        ただ、このマンガ大賞は、書店員さんをはじめとする有志の方が作られた賞。

         

        ならばまず最初に、本屋さんへの感謝を述べるべきか。

         

        でも、そうすると、編集さんはさておいてもアシスタントさんが、自分らを差し置いて!ってならないかな・・・。

         

        お礼を述べる順番て大事だよな。

         

        でもそれ言ったら、小学館の営業さん販売の方印刷流通・・・。感謝は本当に皆さんに対して同じで、ただ、目に見えるところに常にて、作品作りにも直接携わってくれてるのがやっぱりアシスタントさんと編集さん。

         

         

        なので、やっぱりまずはアシスタントさんへの感謝がまず最初かな、とアシスタントさんに聞いてみたら、

        「本屋さんが作った賞なら絶対本屋さんが最初ですよ!」

        という、よく分かってる答えが返ってきたので。

         

         

        「このような賞をいただきまして、正直今でも信じられません。応援して下さった書店の皆様・・・」から、スピーチは始めようと思います。

         

         

         

         

         

        今月いっぱいは、こんな事ばっか言ってようと思います。こんな妄想できるのも一生に一度かもしれないし。

         

         

         



        マンガ大賞

        0

          こんにちは。柳本です。

           

          この度マンガ大賞というマンガの賞に、響がノミネートされました!

           

          繰り返そうと思えば何度でも叫べますが、一応も一度だけ。

           

          マンガ大賞2017に、響がノミネートされました!

           

          何億という無数のマンガ作品の中から選ばれた13作品。その一つに、響が!

           


          いや、言ってはいたんですよね。去年の年末でた「このマンガがすごい」にかすりもしなかったから、いや僕はマンガ大賞狙いなんで―とかってアシスタントさんに強がってて。

           

          正直選出されるなんて全然思ってなかった。びっっくりしました。ありがとうございます!

           

          もう、すごい、そうそうたるメンツです。僕も、アシスタントさんも、マンガ大賞のサイト見て、ノミネート作品の中に響が並んでるのにすごい違和感持ってて。

           

           

          マンガ大賞は、今年は13作品がノミネートされ、その中から大賞が、3月に選ばれるのです。

           

           

          もう、3月までは存分に楽しませてもらおうと思います。

           

          もし大賞とったらどうする!っていう話を、アシスタントさんと。

           

           

          いやもう、そしたら重版重版ですよねーとかって。そしたら夢のタワマンだよね!って。でもやっぱ品川とかは遠いしアシスタントさんも来づらいから、やっぱ中野かな。中野のタワマンに越して、新宿の街を50階から見下ろそう!って。

          あと、やっぱ大賞なったらメディアミックス来るよね!やっぱドラマ!響役は欅坂の平手さんかなーとか。リョータローはセクゾの中島君とか!あーでもアニメになってフィギュアになってほしいよね!とか!

           

           

          あー楽しい。永遠に3月が来なければいいのに。

           

           



          あけましておめでとうございます

          0

            昨年は響がお世話になりました。

            本年もよろしくお願いします。

             

            今年の目標はふたつ。

             

            響を頑張る

            響以外の漫画をひとつでも描く。

             

            よろしくお願いします。

             

             

            年明け半月もたってあけましてもないものですが。いよいよここの更新の必要性が。

             

             

            スペ、今発売中号では、響本編前に番外編的なのが載ってます。まずはそちらをよろしくです。

            そして本編。新入生編か、ラノベ編か。まあでもそういう見方じゃないですよね。

            世界は必要性で動いています。運命です。人の都合は関係なく、全ては成るようにして成ります。

             

            僕は運命論者でもあり、結果論者でもあります。全てはあらかじめ決まっているけど、どう決まってるかはあらかじめは分からなくて、結果がでたら、ほらねって言う。一言でいうなら、性格が悪い。

             

             

            今週。行きたい作家さんの展示会が二つある。死ぬほど楽しみだ。

            早く・・・部屋のインスタを始めたいのですが。本当は正月中にやるつもりだったけど、作業とかしてて全然。なんかこのままなし崩しにもなりそう。しかしそれも運命。大いなる遺志によるものです。あるいは僕が飽き性か。

             

             

             



            PR
            calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>
            selected entries
            archives
            recommend
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座